MJETの活動

私たちMJET(The Myanmar-Japan Eco-tourism)は
2007年に設立された若いNGOです。
日本とミャンマーの青少年の交流を通じて、
ミャンマーの環境に優しい観光と産業の発展および国づくりを
担う人材の育成に貢献する活動を行います。

MJETの展開していく事業は以下の通りになります。

国際協力理解促進事業

会員がエコツーリズム活動を推進する上で、役立つ知識・情報を収集すると共に、活動の成果を分かち合って、日本とミャンマーの学生・市民同士の国際協力理解と親善に貢献します。セミナー開催や報告会等を通じて勉強する会合を事務局で開催します。

詳しくは「会員募集」のページを

ページトップ

参加型エコツーリズム事業

MJETの中心となる事業で、日本の学生と市民が観光客として、ミャンマーを訪問する際に、現地乾燥地域の緑化に協力する事業で、環境の改善と共に現地農村住民の生計向上に貢献します。

詳しくは「エコツーリズム」のページを

2008年度は、試験的植林をバガン郊外のThant Sin Kye村の第28小学校のキャンパスで、266本の植林を行いました。2009年度より本格的な植林事業を開始して、2013年までに6608本を植林しました。活動が軌道に乗れば、日本人観光客のみならず、一般外国人の観光客にも現地参加してもらい、国際的な植林活動に発展させ、植林地域を速やかに拡大したいと考えています。

ページトップ

農村開発の促進事業

バガン郊外の農村は、観光産業の恩恵に浴することなく、電気もない生活環境にあります。MJETは農村住民の生計向上に役立つ飲料水を確保したり、農村で生産される農産物を加工する一村一品運動を導入し、地域のエコ・インダストリーを地場産業として発展させたいと計画しています。また、保健衛生向上の観点から、ゴミ処理問題に取り組み、「クリーン・バガン」の達成に協力したいと考えています。

ページトップ

ミャンマー青少年支援事業

ヤンゴン市内にある、Dhamma Vihara 僧院内にある、「ミャンマー・日本青年協会」(Myanmar Japan Youth Association)の日本語教育活動を支援します。活動内容は、次の2つの事業です。

(1)貧しい学生に対する佐治正三奨学金・山口仁秋奨学金を支給
(2)日本語教室に対する教材等を支援

詳しくは「ミャンマー青少年支援募金」のページを

ページトップ

広報事業

MJETの活動を広く広報し、日本国民の理解と協力を得ます。同時に正会員、賛助会員を募集し、一般からの寄付金を募ります。

a.ホームページの開設と運営
b.パンフレット等印刷物の作成・配布
c.会員の募集
d.寄付金の募集

ページトップ